スタッフブログ

ヒアリングの奥にあるもの

 

 

 

 

新規リフォームの相談を受けて
現地を案内して頂きました

家の中もぐるりと見せて頂きながら
リフォームするに伴っての構造的な問題は発生しないか
要望されるスペース確保はできるか
等々しっかり調べる必要があります

例えば玄関のドアを新しくするにも
ドア枠が接合する部分の壁を取り壊す事になるので
壁の補修も必要になる

壁の補修をすれば
その部分だけムラができるので
無くすには塗装する面積を広げる必要がある

例えば床の張替をする場合
古いフローリングを剥がした時に
床の下地が腐っていても
上からそのまま新しい床材を張ってしまうケースと
下地からきちんとやり直す方法では掛かる費用が違ってきます

どちらも見た目は一緒なんですけどね

何が言いたいかというと
リフォーム工事の 『高い、安い』 には
こういった内容も含まれてくるので
価格だけで判断すると危険だという事ですね

だからお客様と接する時に
本当に望まれている生活が得られるよう
しっかりとヒアリングをする事を心掛けています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825