スタッフブログ

先人から引き継ぐ伝統工法のよさ

梅雨時を思わせるような蒸し暑い日が続きます

今にもセミの声を聞こえてくるのでは
と錯覚を起こすほどの暑さです

とは言ったものの、
うだるような暑さに比べると
まだ随分と過ごしやすい訳ですから
この程度の陽気は 『快適』 と思うようにしないといかんですね

さて、例年ですともうすぐ梅雨に入る訳ですか゛
住宅の湿気対策に先人から伝わる伝統工法
『土壁』について少しお話しますね

今でこそ
断熱性能ばかりでなく、
湿気対策にもなる断熱素材がありますが
家の中の体感温度を下げるには、
断熱性能以外に湿度調整も絡んできます

家の断熱性能を上げる為に
断熱素材や窓の質を優先しますが
梅雨時は窓を開けたとたんに、もわーとした湿気入ってきて
すぐさま窓をしめたくなりますよね

土壁の調湿は、
木の調湿と違っており、
物理的な調湿能力があります

日本の風土を熟知すれば、
快適な家・長寿命な家を実現するための
『土壁』は 私も好きなのですが
高コスト、工期が延びる、職人さんの減少などで
あまり見かけなくなりました

土壁だけで
家中の快適さが保たれる訳ではありませんが
断熱性と気密性を保つために
土壁プラス断熱材といった選択が
一番望ましいのではないかと思っています

家造りするうえで
何を優先されるかはそれぞれ違いますが
快適さを追求するうえで
地味に活躍する自然素材『土壁』は
古くから伝わる先人の知恵です

気になる方は是非ご連絡ください

お問い合わせ

TEL:0120-681-825