スタッフブログ

先人や先輩の教えから学ぶもの

DSC_0443

5月は総会が多く
昨日は建築建材の取引先が主催運営してる会の
総会に出席してきました

総会に合わせて
倉敷にある高蔵寺の 天野高雄(こうゆう)住職の話を聞いてきました

家造りの前に
必ず行う儀式である 地鎮祭 は神式ですから
仏門の世界から見るとどういった見方ができるのだろうかと
興味津々聞いてきました

住む人や家造りに関わるすべて人が健康で
安全に末永く繁栄する事を願う儀式は神事だけでなく、
仏教の寺院でも古くから儀式が行われており
地鎮祭の際に土地の神様に捧げて埋める
「鎮物」(しずめもの)があるそうです

天野住職は講演や地鎮祭(仏式では起工式)で
全国を各地を飛び回られながら
地元では寺子屋を開催して子供たちに学ぶ機会を設けたり
ラジオのパーソナリティをしてみえたりと
活発に活動されているようです

肝心の講和の内容ですが
仏門に関する圧倒的な知識と情熱で
一回だけでは理解しきれない内容でした(笑)

家造りの際に行われる
地鎮祭や上棟式も形式的に行うのではなく
大切なのは『心』がこもっている事

これからも一つ一つ大切にして行きたいと思っています

お問い合わせ

TEL:0120-681-825