スタッフブログ

夏と断熱

今日は会社のフロアに私一人しかいないので
エアコンを付けず扇風機のみでデスクに向かっています

日中の気温が35℃を超えると
扇風機の風も熱風になってしまいますが
明日からはスッキリしない天気ですから
フラストレーションが溜まらぬ様
しっかり体調管理はしてゆきたいと思います

さて、夏は涼しく、冬暖かいという家は
誰もが望む家ですが
一言で言ってしまうと
家の暑さ寒さというのは気密性と断熱性によって決まってしまいます

古くからの日本家屋は、
家の中に間仕切りが少なく(部屋が広くて土間がある)
屋内と屋外を仕切るのは開け閉めができるしょうじやふすまでした

ですから、気密性が低く、
湿気もこもりにくいと言われてました

また、気密性が低く
風向きに合わせた開口部が造ってあった家ので
涼風が入り込み、夏が涼しくなるようにしてありました

しかし冬は障子や襖を閉め切っても、
いくらでも隙間風が入ってきてしまうので寒いといった特徴がありました

ではこれを「断熱」するとどうなるかと言うと

熱が遮断されるので、外が寒くても、家のなかは暖かくなります
夏は暑くても、家の中は涼しい

これが家の『断熱』です

断熱すれば節電効果は上がり、地球温暖化対策にもつながる
節電になるので、断熱がきちんとされた住宅であれば、
夏冬のエアコンの使用が少なくなり
室内の快適さプラス家計の快適さも加わってきますから
一石二鳥です

家の断熱化は断熱材の性質のみならず
形やデザインなどでも変わりますし
一番熱を通しやすい場所である
窓の種類でも変わってくる

とうすれば快適な家になるのか

家造りはどんどん進化していている事を
改めて感じます

お問い合わせ

TEL:0120-681-825