スタッフブログ

流行り廃りなんでしょうかね

毎日のように突発的に雨が降り
中途半端な残暑ですね

前回のブログで久しぶりに随分ぼやきましたが
年齢とともに、ぼやきが多くなっているんでしょうね

これからもぼやきくまくるぞ〜って(笑)

さて、これから段々と涼しくなっていく訳ですが
部屋いっぱいに光や暖かみを取り入れる
また、外観をかっこよくする為に
出窓を取り付ける事があります

今でも出窓のある家というのに
憧れを持つ方はおおいのではないでしょうか

出窓の良さと言えば何と言っても外観
一般的に、家の壁というのは平面でできているものですが、
そこに凹凸を付ける事で立体感が増し
おしゃれな外観に仕上げることができます

家のアクセントとして
出窓があるだけでインパクトがあるので
外観にこだわりを持たれる方は選択肢の一つになります

出窓は外観だけでなく、
部屋の中を広く見せる事ができますし
出窓部分にアクセサリーや小物、お花なんかを置くと
開放感が生まれますからとっても魅力的な窓と言えます

小さめの出窓の場合、
出窓から見ることができるその景色というのは
平生見る景色とは違う そんな気もします

20年ほど前に弊社で建てた
OB客様のお宅です
少し見にくいですが
小さな出窓があります

いい話ばかり書きましたが
実は出窓にはデメリットもあります

出窓のある家は断熱性能が低いと結露しやすく
冬場などは特に露がたまりやすくなってしまいます

また、冷気や暖気をダイレクトに家の中に伝わるので
断熱性能に優れたガラス・サッシにしないと断熱効率が悪くなります

また、掃除にかかる負担や雨戸が取り付けられない(形状によっは可能なタイプもある)
といった点は出窓の弱い所でしょうか。

お客様からご要望がある時は
こういったデメリットも伝え
納得して頂いた上で出窓をつけようにしています

私が家を建てる頃は結構人気があり
外の景色がいい所では
ちょこちょこと要望があったようですか
最近は少なくなりましたね

これも流行り廃りなんでしょうかね

お問い合わせ

TEL:0120-681-825