スタッフブログ

熱く語ってましたよ

年度末に入り、毎年の事ですが小忙しくなっています
公会計システムや学校が年の区切りとなっているので
これに合わせるよう納期の設定もされてきてるんだと思います

ロスやミスのないよう
毎日の予定だけは前日にしっかり確認するようしています

さて先週、うちのお客さまで
息子さんが空手を習っているというお父さんとお話をしていると
床材の話が出てきました

普段素足で練習すから学校の体育館を利用すると
床は堅く滑りやすいので足にはよくないそうです
本来はシューズを履いて動き回れるように造ってあるので
素足には向かないはずなんですね

一方、道場では床が柔らかく
素足向けに造ってあるので
体育館で使われている床材とは全くの別物です

空手に限らず
数年前、うちの娘が通っていた剣道場の師範も
全く同じ事を言っていたことを思い出しました

普段、家の中では素足で生活する方は床材にこだわって欲しい

特に柔らかく、歩行時の衝撃を吸収してくれるスギなんかは
道場にも用いられる位の素材ですから
冬はほんのり暖かく、夏はさらっとしてて気持ちがいい

浮き造り(うづくり)といって
表面を加工して年輪が凹凸になったものは
尚更いいですね

道場の床のお話から
『心地のいい床材』に発展して
いつのまにか熱く語ってしまいましたね

私の一押しの床材です

お問い合わせ

TEL:0120-681-825