スタッフブログ

素材を生かす

春を実感できる暖かさが
非常に恋しい今日この頃です

今朝、建材屋さんが持ってきたパンフレットの中に
木材加工時に発生する木の端材、
正確には東濃檜を細かい粉にした壁材の紹介がありました

身体にやさしい壁材といえば
自然素材を主成分とした珪藻土や漆喰が代表格ですが
木を原料とした塗り壁はよく知らなかったので
大変興味深く思っています

調湿、消臭、不燃性能も優れているということで
一度実物をしっかりと確認しようと思っています

調湿作用、消臭作用は
住まいの心地よさに比例します

昨今の高気密、高断熱住宅が増えた中
先人は風通しの良い家を好んで建ててきました

風通しのいい家とは
窓が直線に対面していること
必要な時は常に開けていられること
風向きを考慮した配置をすること

あとは形や大きさですね

こういった自然の風を取り入れる工夫をすることにより
素材をもっと生かせますし
もっと心地よい空間が生まれる

10人10色の家造りだからこそ
できる技ですね

お問い合わせ

TEL:0120-681-825