スタッフブログ

課題

今朝、お見積りを出させて頂いた
お客様との会話でも熊本地震の話になりました

甚大な被害状況が明らかになってきましたが
どういった家屋が倒壊しているかを
ある地盤調査会社が現地に出向いて調査を始め
特に被害を受けている家屋は1階の壁量が少なく、
古い瓦屋根の在来住宅が被害を受けているケースが多いようです

今回の地震は
震源地付近の地面が水平方向に約1メートほどずれているくらいですから
建物ばかりでなく立地場所、
つまり地盤の質が起因であったり、
盛土や擁壁が変形し倒壊にし
家屋の損傷や倒壊になっている箇所もあるようです

どこの会社も建物を建てる前には
地盤調査を行い
算出したデーターにもとづいて
必要な補強を行っています(法律で定められています)

しかし建設地は強固な地盤であっても
大きな地震によって
隣接する地盤がすれたり
段差が発生した場合は
どんな建物であっても持ちこたえられません

ですから
これからは建物ばかりでなく
近い将来には地盤補強、工法の技術革新が必要になると思います

ともあれ1日も早く、元の生活に戻られる事を祈っています

大変な生活を強いられている方々が大勢いる中で
少しでもお役に立てないかと
社内に募金箱を置きました

被災された方々の事を思うと
いたたまれないのですが
私達は今こうして毎日元気よく
仕事をさせて頂いている事に
感謝しなくちゃいけないですね

お問い合わせ

TEL:0120-681-825