スタッフブログ

防犯とは

冷たい雨が体に染みる日でした

日に日に冬が近づいている証拠ですね

人と物が動く年末を控え
少し防犯についお話します

都市、地方を問わず多い犯罪が空き巣なんですが
この空き巣犯にとって、
実は狙いにくい家とそうでない家があるようです

狙いにくい家とは
道路から見通しが良い
フェンスの高さが目線より下にある
窓付近に小物が飾ってある
犬を飼っている

つまり死角が少ない、音が出るといった家です
逆に狙い易いといえばその逆ですね

あと、屋外にある物置きから
ベランダ越しに2階から侵入するといった手口もあるようなので
これは要注意。
『2階には上がれない』
といった先入観は持たない方がいいです

お出掛けの時は施錠するのが当然ですが
気になるようでしたら防犯性能が高い
窓・扉・面格子を検討するのもありです

私の知人で、
立て続けに2度ほど空き巣被害に遭われた方がいました

話をよく聞くと
自宅は岐阜市近郊の田園地帯で隣家は無し(人気が無い)
普段は無施錠(誰に入られても盗るものなんて無いとたかをくくっていたようです)
家が荒らされていなかったのでしばらくわからなかった
リビングの目のつく場所に財布が置いてあり、
中身だけ巧妙に抜き取られていた

ですから一回目は空き巣ではなく、奥さんの仕業だと思っていた位で                                                    あまりにもの無警戒ぶりに懲りたのか
二回目の被害に遭ってからは
防犯用具を買い揃えたり、セコムを取り付けたりしたようです

しかし本来は、被害に遭ってからの対策では遅いので
普段から空き巣に警戒をするという意識を持ち
簡単には侵入できないようにしておく事が大切なんですね

あと、こういった輩は
『顔を見られること』を極端に嫌いますので
変な人を見かけたら近所の人たちが声掛けをする事が
防犯になりますので
普段から地元方々との関わり合いというのも
非常に大切ということになります

大切な家を守る為には
まずできることから ですね

お問い合わせ

TEL:0120-681-825