スタッフブログ

23年を経て

寒波の襲来もしばらくないようで
今日は春を思わせる過ごしやすい日でした

ちょうど23年前の1月17日は阪神淡路大震災が発生した日で
大変寒い日だった記憶があります

今まで経験した地震の中で
一番大きな揺れでした(岐阜は震度4でした)

人的被害もそうですが
ビルの倒壊や高速道路の高架が落ちるなんて
考えた事もないような甚大な被害に絶句していました

この災害を教訓に
建物の耐震基準が大きくアップして
強固な建物ができるようになりましたが
震災からしばらくの間は
建物の強度や地盤についての質問が増えたと記憶しています

それまでは大工さんが
ひとつひとつ長いほぞを作って
構造材を強固に緊結させる工法だったのが
その部分は耐震金物に変わっていきました

また、屋根の重い住宅(瓦泥が載った建物)に
被害が多く発生したこともあり
屋根を軽くするという考えの元
現在の工法に変わってきました

大き被害が私達に幾つかの教訓を残し
現在に至っています

23年前を思い出しながら
この教訓を生かせるよう
日々進化していきたいと思います

お問い合わせ

TEL:0120-681-825