スタッフブログ

今昔

おかげさまで弊社は来年で創業から90年目を迎えます。
 
曽祖父が木材を仕入れ
仲間を集めて建物を建てたり、木製の橋を作ったり、
土建のような仕事をやっていたのが始まりだと聞いています。
 
私の子供の頃はすでに機械化が進み
製材工場で木材を加工して
それを大工さんがノミやカンナで仕上げ
現場に搬入して建物を造り上げていくやり方をしていました。
 
製材工場には木材加工機械を稼働させるスタッフの方と
材料を仕上げる大工さんが働いていました。
 
杉や檜の丸太が何本も積み上げてあるところに乗っかると
『滑るので危ないぞ』とよく言われたものでした。
 
時を経て、自社で行っていた木材加工は
生産コストが莫大に掛かる為、
木材加工専門の工場に依頼するようになり
大工さんが行っていた手作業による材料の仕上げも
機械ででできるようになり、
丸太の原木から柱や梁の加工まで仕上げる時間が
大幅に短縮され
数十年前の建築コストと比較すると、随分下がりました。
 
建設業界のみならず
機械化が進め進むほどクオリティはそのまま、もしくはそれ以上でも
生産コストは下がってきますね。
 
写真は今から50年ほど前のうちの会社の事務所です。
何事もまめだった祖父が撮った1枚で
事務所の前に雪が積もった丸太が当時を物語っているようです。
 
90年のご愛顧に感謝して、
これからもお客様から喜びが頂ける様頑張ります。
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825