スタッフブログ

住宅ローンの融資金額

昨日に引き続き、先週お客様から相談があった住宅ローンの件ですが
気になっていたので『考え方』だけお伝えします。
 
家づくりをするにあたり、多くの人が住宅ローンを利用しますが
『貸してくれる金額と借りても良い金額は別』なので
そこの所はしっかり見極める必要があります。
 
『貸してくれる金額』とは
所謂個々の属性、つまり勤務先や勤続年数、家族構成、貯蓄額等によって金融機関が算出しますが
『貸してくれる金額』でマイホーム計画を進めるのはお勧めしません。
 
建ててからの生活を考えた時、しっかり自分の生活を守って余裕のある暮らしを実現できる
『借りても良い金額』で計画する事が重要なポイントだと思っています。
 
この『貸してくれる金額』と『借りても良い金額』の違いは
ここにあるんです。
 
新しいマイホームで新生活が始まり
『返済額がきついから』
といって大切な事を我慢しなければならない生活なんて嫌ですよね。
 
家族旅行も行きたいし、子供の為になる事や頑張りたい、やりたいという事には
できるだけ援助したいと思うのは 親心。
 
時には辛抱する事も必要ですが
返済金額と並行して貯蓄を合わせた計画をすれば
新しいマイホームでの長期の生活設計の元になると思います。
 
簡単にまとめ過ぎてしまいましたが
住宅ローンを利用する場合の 肝 ですね。
 
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825