スタッフブログ

健全家計の考え方

健全家計と浪費家計
 
週末から寒波の影響でこのあたりも積雪の予報になっています。
先週末もそうでしたから二週連続。
 
雪が降ると、自治体からの委託で道路の融雪剤散布や除雪作業に出動しますから
この時期はそちらにも神経と体力をを使います(笑)し
雪の予報が出ると、夜中に空ばかり見上げるようになりましたね。
降らない事を祈っています。
 
さて、先日のイベントでは金融機関が
住宅ローンについての相談窓口も設けていました。
『ローンの仕組み』
『金利』
『諸経費』
誰もが一番気になるところ。
 
では実際に、無理のない返済計画をする時の
絶対守らなければならないポイントの中で
金融機関では教えてくれない事があります。
それは家計の考え方なんです。
 
全収入から生活してゆくのに必要な金額、
例えばローン費用、食費、日用品雑貨、子供に掛かる費用
保険、車の維持費、趣味や遊びに掛かる費用等を
引いた残りを貯蓄として残す家計を浪費家計
 
全収入からローンと生活費全てひっくるめた
『これ以上は絶対に使わない』
金額を最初から決めてしまい
残りをすべて貯蓄にとして残す家計を健全家計といわれています。
 
つまり、あれもこれも必要だと言って財布の紐を緩めてしまうと
蓄えができない。
逆に、月次で絶対に必要な金額と貯蓄分をどけておいて
あとはあとはもう自由に使ってもいいやり方なら
必然と貯蓄ができるという事なんです。
 
住宅ローンを組む前に家計の見直しも絶対に必要な事なんです。
詳しい事は私までメール下さいね。
きちんとお伝えします。
 
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825