スタッフブログ

坪単価の違い

外で打ち合わせするだけで
目に汗が入ってくる、煩わしい季節になりました。
 
冬と比べると夏の方が好きなのですが
今日のような暑さはさすがに堪えますね。
来週あたりには梅雨明けしそうなので
これ以上暑くならない事を願っています。
 
先週お客様から坪単価についてお尋ねがありました。
普段、建物価格の指標に坪単価が多く使われます。
 
私は間取りを計画する時には
複雑な形にすると材料費と手間賃がかさみ
同じ面積でも坪単価が変わるという事をお伝えしています。
 
例えば
縦横8mの正方形の家ならば8×8=64ですから
面積は 64㎡ になりこれをAプラン。
縦12.8mで横が5mの長方形の家でも12.8×5=64ですから
同じく 64㎡ なのでこれをBプランとしましょう。
 
同じ64㎡の面積ですが
Aプランの外周は8×4で 32m。
Bプランの外周は縦(12.8×2)+横(5×2)で 35.6m。
 
つまり同じ面積であってもAとBでは材料費が変わります。
材料費とは
基礎の長さ、屋根材、壁材、雨樋などの事で
増えればそれに伴う手間費も変わります。
正方形が長方形になっただけで
坪単価に差異が出るんです。
 
それに凹凸ができると
さらに変わってくる訳ですから
『坪単価○○円から』というのは
あくまで指標と思って頂いたほうがいいと思います。
 
私がもしこれから家を建てるとするならば
指標がないと資金計画すらできませんので
必ずお客様には
『この仕様であれば○○坪であれば○○円が指標ですね』とお伝えしています。
 
決まった予算の中で
予測を超える家づくりをすることが
私たちの務めだと考えていますから
間取りを作成する時点で家づくりがスタートしているんですよ。
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825