スタッフブログ

早いほうがいいか?もう少し待った方がいいか?

早い方がいいか?もう少し待った方がいか?
 
資金計画をする時に
まず気になるのは毎月の返済額。
 
『家賃並みの返済額』
 
が1つの指標になると思いますが
今後あり得る金利で試算すると
何と376万円もの差異が生じてきます。
 
今は超低金利ですので3年後を予測する時
金利は上昇していると考えた方が自然です。
 
その上がり方ですが
極端に上昇するのでは無く
緩やかに0.5パーセント上昇を仮定してのシュミレーションしてみますと
 
例えば
総予算2,000万円の資金計画だと
  
                     今すぐ建てる人   3年後に建てる人     
自己資金                100万円             200万円      とすれば
 
借入金額               1,900万円           1,800万円      で 
 
金利                      1,9%               2,4%に上昇したとする 
 
月々返済額           61,649円            63,388円            – 
 
総返済額(月x35年)  約2,602万円        約2,662万円 – 
 
よって総支払額は       約2,702万円        約2,862万円         ここで160万円の差異 
 
今すぐ建てると6か月間の家賃ですし、3年後なら3年と6か月になるので
現在お住まいの家賃を6万円と仮定すると
 
家賃×月数          36万円(6か月分)   252万円(40か月分)             
 
総額           2,738万円          3,114万円           総額で376万円の差異になります。
 
返済はフラット35 元利平均返済 ボーナス払なしで試算。
 
ざっと試算した結果ですが
もし、金利がもっと上昇すれば
総額の差異は大きくなり
本来もっと有効に使えるはずの大金を
何も残らない家賃や、利息に消えてしまう という事になるんです。
 
一生に一度の家造りですから安易に進めて行くのも禁物ですし
上記の通り、数年後に建てるより
早ければ早い方が、賢い資金計画となります。
 
ご家庭の事情、予算、建築時期すべてひっくるめて
適切なアドバイスをさせて頂いています。
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825