スタッフブログ

無垢は心を和ませてくれる

無垢と集成材
 
どちらも一長一短ありますが
本格木造、つまり在来の木造住宅といえばやっぱり無垢ですね
 
あの自然の香りは心を和ませるから好きです。
 
集成材の良い所は品質が均一で、狂いが少なく
無垢より強度があります。
 
どちらを選択するかは
求める価値観になるのではないでしょうか。
 
空気を大切にするのであれば当然無垢ですし
より強さを求めるのであれば、必然的に集成材ということになります。
 
弊社のケイズの家は標準が集成材ですが無垢も選択できるようになっています。
以前、見学会に来場されたお客様が
見学会場に入った途端
 
『木の香りがしない』
 
とおっしゃられた時がありました。
そうなんです。集成材では香ってきません。
しかし、無垢には香りがあります。
 
どちらがいいのかを判断する時には
『これから建てる家で何をしたいのか』
『どんな生活をイメージされているのか』
 
これが判断基準になるのではないでしょうか。
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825