スタッフブログ

相続から贈与への流れですね

来年度予算の概算要求で 
住宅購入や増改築の資金を親や祖父母からもらった際の贈与税の非課税枠を
最大3千万円に拡大するような記事がを読みました。
 
現行の非課税枠は最大1千万円で、
措置は今年末までとなっていますので恐らく延長され
金額が拡大されるのではないかと思っています。
 
この制度が生まれる前は
110万円が非課税枠(年間)でしたから
資金援助をするにしても二の足を踏まれるケースが多かったのですが
この制度は画期的でした。
 
現在(平成26年12月31日までの贈与)は最大で1,000万円ですから
まだ国土交通省が概算要求した段階で
正式に決まった訳ではありません。
 
また孫への教育資金贈与が非課税になる制度もありますよね
孫一人当たり1,500万円を限度として
•入学金
•授業料
•入園料
•保育料
•学用品の購入費
•修学旅行費
•給食費
•海外留学費
さらに、
•学習塾
•そろばん教室
•スイミングスクール
•英会話教室
•ピアノ教室
などの習い事
も幅広く認められています。
これら学校外に支払うものの限度額は総額1500万円の内の500万円です。
 
但し、孫が30歳になった時、贈与した残高が残った場合は
残高に対して相続税が課税されるので注意が必要です。
 
大雑把に紹介しましたが
こういった制度を利用した時に
あらためて親への感謝の気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。
 
私は家を建てる時
実家所有の畑を譲ってもらい
土地購入費用が掛からなかったのは大変有難い事でした。
 
感謝。

お問い合わせ

TEL:0120-681-825