スタッフブログ

貴重な体験

昨日から神戸方面まで加盟業界団体の研修旅行で
阪神淡路大震災後に造られた人と防災未来センターと
宝塚歌劇の鑑賞でした。
 
生まれて初めて鑑賞した宝塚歌劇の劇場内は
予想通り9割以上が女性客でしかも満員。
 
華やかさと迫力は凄かったのですが
舞台上のキャスト全員が
なんだか『同じ顔』に見えてきて
3時間の講演がものすごく長く感じました(笑)
貴重な体験でしたが私には合いませんでした。
 
今日訪れた防災センターは
阪神淡路大震災の発生から
今日までの復興までの道のりが詳しく紹介されています。
 
復興までの数々の苦労は並大抵のことではありませんし
もし、私が実際に被災したならばこれほと強い精神力で
立ち上がることができるのだろうかと考えさせられました。
 
震災から来年の1月でちょうど20年。
この震災後から建物の耐震基準が強化され
現在に至っています。
 
たら・ればのお話になりますが
もし、あの震災が無かったならば
建築基準法の大幅改正はなかっでしょう。
 
神戸市内は震災の爪痕を残すような建物は全くなく
外観は復興が進んでいるように見えますが
被災者のとっては永久に風化することはありません。
 
防災未来センターを見学していると
震災がつい最近の出来事のように蘇り
『備え』の大切さ改めてを学んだ気がしています。
 
今、会社に戻って留守中の整理と
来週の試験勉強にリセットしています。
 
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825