スタッフブログ

超低金利時代であっても・・・

明日からは天気が崩れるようです
 
明後日にはお引渡しもあるので
悪天候であっても不手際の無い様
万全を期したいと思います
 
昨日の祝日はいい天気だったのに
悔しいですけど天候だけはどうにもならないですね
 
そんな好天の建国記念日に
元銀行マンの知人から
賃貸住宅についての相談があり
しゃべっているうちに
つい住宅ローンの話に入りこんで行きました(笑)
 
この超低金利時代
住宅ローンは変動金利か固定金利か
どちらを選ぶべきかとなると
彼も私も迷わず固定金利だと・・・。
 
なぜならば
現在は超低金利であっても
どんな専門家であろうと
将来の金利の動向を正しく読むことはできません
 
ですからどちらが有利かを適切に判断するなんて不可能
 
もし変動を選ぶとすれば
比較的余裕があり自己資金が多く、
借入期間が短い人であればいいですが
それ以外は固定を選ぶべき。
 
総返済額が明確になってる方が
将来計画が立て易いからです
 
あと重要なのは金額。
借入金額は『貸してくれる額』と『借りてももよい額』の二通りあるという事です。
 
金融機関は年齢や年収といった属性をもとに
『貸してくれる額』を決めるのですが、
これをそのまま住宅原資にしてはいけない
 
大切なのは家を建てた後の生活ですから
住宅ローンを利用していても
家族で旅行もしたいし、出来る限り子供のやりたいことをさせてあげたい
はたまた趣味を楽しみたい
 
その為には
『借りてもよい金額』で住宅計画をする事が
家造りを成功させるポイントになると思っています
 
多くの住宅ローンを扱ってきたOBの彼とは
考えも価値観もピタリ一致したので
何故かホッとしたひと時でした
 
 
 
 
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825