スタッフブログ

3月11日

あれから4年
 
今朝は季節外れのドカ雪で一面真っ白
まさかここまで降るとは予想外でした
 
融雪剤の散布に暗いうちから出動しましたが
真冬と違い、作業が終わる頃には
うっすらと明るくなっていました
 
寒い中にもわずかに春を感じた時でした
 
4年前の今日、3月11日は東日本大震災がありました
このあたりもかなり強い揺れでしたが
私は車で移動中でしたので全く気づきませんでしたが
車のラジオからしきりに
『伊勢湾岸に津波警報発令中』という音声があったことは
記憶しています。
 
日本中が一時的に機能マヒになり
物の行き来が滞り
こんな事は生まれて初めての事でした
 
刻々と被害状況が判明するにつれ
想像を超えた大災害であるにもかかわらず
強く生きようとする人たちに影響され
『住んでいる地域』
に感謝する事を気付かされました
 
2年半ほど前、建設団体の研修旅行で
仙台と女川を訪れ、
被害の状況を目の当たりにした時は
声を出すのも、写真を撮ることも
気が引けるような思いでした
 
海に近い閑静な住宅街が形成され
沢山の幸せな家庭があったであろうこの場所は
ほとんど跡形も無く、
おそらく現在もこのままではないでしょうか。
 
復興にはまだ時間が掛かると思いますか゛
一日でも早く、良好な生活環境が整う事を願っています。
 
3月11日は鎮魂を祈る日であり
かたや、我々が健康で元気よく過ごせる事に
感謝せなあかん日じゃないかと思うんです
 
こうして思うようになったのも、
4年前の大災害がきっかけの1つでした
 
さて、明日もかなり冷え込むようですが
ボケボケしてられません
気合を入れて頑張ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ

TEL:0120-681-825