スタッフブログ

まずは、お気軽に
お問い合わせください!

自分の家だったらどうする

感染者の数がまだピークアウトしてないですが
ご相談には早く、的確に対応するよう心掛けています。

まずは床鳴りの修繕依頼です。

床鳴りは床材や床下材の乾燥収縮が
原因となるケースがほとんどですが
経年劣化と言いますか、
床下の湿気で腐ってしまったり
漏水で腐食している事もあるので
まずは床下の調査が必要です。

床下に防湿コンクリートを
施工するのが一般的になったのは
今から30年位前ですから
それ以前に建てられた家屋では
水回りの床下が腐るケースが多いです

別の案件は築40年近くになる家屋の
屋根からの漏水修繕です。

屋根上や天井を調査しても
よくわからないケースでは
好天の日に屋根上からホースで水を流したりして
漏水箇所を探し出す時もあります。

降雨の量や風向き、降雨時間によって
漏水の発生状況も変わる

漏水したりしなかったりだと
原因を突き止めるのに大変な労力が掛かる
といったケースもあります。

『自分の家だったらどうする』

この思いが私たちの原点です。