スタッフブログ

まずは、お気軽に
お問い合わせください!

家賃並みの返済額?  

家賃並みの返済額でOK?
 
色んなチラシを見ていると
よく『家賃並みの返済額で住宅が手に入る』
という文字を目にします
 
資金計画時に借入額をいくらにして、
月々の返済はいくらまでにしようかと
検討するんですが
1つ指標と考えた方がいいですね
 
世帯収入に年返済比率を照らし合わせながら
 
『貸してくれる金額』
ではなく
『借りても良い金額』
 
で資金計画を立てるべきなのですが
賃貸住宅にお住まいの方はまず
今払っている家賃と同じぐらいの返済額なら大丈夫だろう、
家を購入しても同じ生活レベルが維持できるだろうと
考えてしまいがちです
 
実はここに落とし穴があるんです
 
今の家賃がその家庭にとって適正なのかどうかです
 
家賃が収入に見合った金額より高い場合、
その家賃に住宅ローンの返済額を合わせると
とんでもないことになります
 
住宅を手にすると、
月々の返済額以外に税金は掛かってきますし
維持の為の日用品等が必要になってきます
 
また、家賃並みの返済額を試算してある
その下の注意書きには(3年固定〇○% 35年返済)と
小さく書いてある場合が多いんです
 
これだと3年後以降の返済額は全く不明ですから
その間に金利上昇すれば 
『家賃並みの返済額』 でなくなってしまう事もあり得るわけです 
 
短期固定型住宅ローンで試算した
『家賃並みの返済額』 
という文句を鵜呑みにするのは極めて危険だという事なんです
 
お客様から資金計画の相談を受けた時
時には厳しいお話をする時もありますが
すべては 
『一番大切なのは家を建てた後の生活』 だからです
 
いい家造りをするには
安心できる資金計画からですからね